東京・調布の注文住宅は小野寺工務店

おかげさまで創業58周年

フリーダイヤル0120-405-233(月-土/9:00〜18:00)

スタッフブログ【Staff Blog】

Date:2018年10月16日 | Category:



本日は木工事が終了した小金井市のT邸をご紹介致します。

完成前から「これは普通のお家と違うな・・」と思わせる様相を呈しております。
小野寺工務店の注文住宅、相変わらずのこの面白さです(^_^)


 


 
格子でどこも抜けてます。
そして階段下には、床下エアコン「エアボレー」


 



 


 
スキップ・スキップ・スキップフロア


 



 
寝室の上には秘密基地


 



 
階段途中の踊り場に、たっぷり本棚

これから完成に向けて更に!変化を遂げるT邸 in 小金井市 をどうぞお楽しみに!(^^)!
m,nami


 

Date:2018年10月10日 | Category:

小野寺工務店では、全棟で気密測定(C値)を行っております。
気密測定とは、そのお家にどのくらい隙間があるのか計測する検査のことです。

現場に気密測定用のこのバズーカ砲のような送風機を持ちこんで、
お家の中の空気を外に排気し室内の気圧を測定します。
隙間だらけのお家の場合、排気しても隙間からどんどん外気が入って来てしまうため
室内の気圧に大きな変化は起こりません。


 


 
S邸in武蔵野市 気密測定の模様(^_^)


 
それに比べ気密性の高いお家は、排気すると室内側の気圧が低くなります。
この関係を利用し「外に排出した空気量」と「室内と外気との気圧差」を測ることで
「隙間の面積」を計算することが出来ます。

お家にどれだけ隙間があるかはC値という数値で表します。単位は cm2/m2 です。
たとえば延床面積 100 ㎡ の家の場合、
C値 1.5 c㎡/㎡ であればお家全体のすき間は 150 c㎡ はがき 1 枚相当、
C値 5.0 c㎡/㎡ では 500c㎡ はがき3.3枚相当
となります。

C値は小さければ小さいほど隙間の少ない = 冷暖房の逃げない省エネ住宅 ということになります。
省エネ住宅の基準として平成14年までは
寒冷地でC値2.0c㎡/㎡、
その他の地域ではC値5.0 c㎡/㎡という基準値がありました。
(気密測定には手間とコストがかかる、などの理由からC値は省エネ基準より削除されてしまいました)

気密住宅というと現在もこの寒冷地の基準レベル2c㎡/㎡ 以下
高気密住宅を 1c㎡/㎡ 以下 と呼ぶことが多いようです。

ですが、
小野寺工務店では C値 1㎡/㎡ では効果的な計画換気は期待できないと考えております。
弊社では 0.5 c㎡/㎡以下 という基準を設けております。


 

さて、前フリが長くなりましたm(__)m
先日、気密測定が行われたこちらS邸in武蔵野市 のC値は、
0.09 cm2/m2 でした。

0.9ではございません。0.09 cm2/m2です!
こちらのお家は延床面積118.7㎡ですので、お家全体の隙間の面積が10.7 cm2、
消しゴム1つ程のすき間しかないという事になります。

この一年間の物件をさらってみましたところ、0.2~0.4cm2/m2台の現場が続いておりました。
とうとう0.1cm2/m2 を切りました!記録更新です。
喜び、というより「何でこの現場はこんなに気密が良いのだろう」と
社長、監督で気密談義となりました ^_^;

まず、
①サッシが高性能トリプルサッシ(YKKAP430)であること
②構造内部から柱間に気密性の高い発泡ウレタン断熱を100mm施していること
③外部からはウェザーシールという構造材に塗布する塗膜防水塗料を使用し
配管まわり・サッシまわりの気密を徹底したこと
これが要因かと思われます。


 


 


 
高い気密性能があるからこそ発揮する断熱性能、
こちらS邸は室内から柱間に発泡ウレタン断熱85mmを施し、
さらに外部から100mmのEPS外張り断熱を行います。



 


 

そして改めて、
非常に優れた数値を出す事の出来たのは、お施主様の高性能住宅への
深いご理解があってこそと心より感謝申し上げます m(__)m
S様邸、お引渡しは年末です。
あたたかいお正月をお過ごしいただけること間違いなしです(^_^)

m,nami

Date:2018年9月20日 | Category:

おはようございます(^_^)
本日は基礎工事がはじまりました調布市の現場をご紹介致します。

こちらのお施主様から弊社ホームページを通してはじめてお問い合わせをいただいたのは
2015年の年末でした。

お土地探しの旅がはじまり(^_^) 希望にぴったりの物件が見つかったのが2017年4月。
何度もご相談を重ね、お子様の転校のタイミングを考え
お家づくりスタートとなるプラン打合せは一年後からとしました。
ご両親様のお子様を想うお気持ちに私も感動致しました(T_T)


 


 


 


 

そしてそして!満を持して今年9月、着工の日を迎えました。
小野寺社長の厳しい監守のもと、小野寺工務店のホープ!現場監督の後藤も
毎日現場で奮闘中です (^_^)

来春の完成に向けて気を引き締めて努めて参りますm(__)m
また次回、K邸 in 調布市 をどうぞお楽しみに(^_^)

m,nami

Date:2018年9月15日 | Category:

出ました 777 ! 
ジャックポットです (^_^)

たぬき蕎麦に 追い揚げ玉 + 温玉をさらにトッピングしようとする
その腹ペコな意気込みが、この勝利に結びつきました。


 


 
m,nami



Date:2018年9月1日 | Category:

残暑お見舞い申し上げます。
台風からスタートの9月となりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。



 
さて、こちら現在工事中の杉並区の水色のお家(^_^)
可愛らしいお色でしょう?
実はこの水色の正体は“ 構造材に塗布する塗膜防水塗料 ”の色なのです。

構造材にこの塗膜防水塗料を塗ることでC値1.0以下の高気密化を実現、
気密シートでは難しい配管などの細かい箇所も隅々まで塗布でき、防水性に加えて
透湿性も発揮するため壁内の結露も防げます。


 


 
その後、水色のお家はなんと!白いお家に変身しました。
外張り断熱材の施工がはじまったのです。

こちらのお家は、
室内からセルロースファイバーの吹き付け断熱工事を行い、
更に外張り断熱を施す「ダブル断熱」のお家なのです!


 


 
外張り断熱を終えた後は、左官屋さんがコテで仕上げる風合い豊かな塗り壁となって完成です。

どんなお家になりますでしょうか(^_^)
どうぞお楽しみに。

m,nami

Date:2018年7月20日 | Category:

もうすぐ完成お引渡しのT邸in調布市をご紹介致します。

なるべく色味を増やさず、木の素材感を生かしたい、
そんなお施主様のセンスが光る素敵なお家になりました。
すっきりシンプル、とても過ごしやすそうな空間です。


 


 
設計打合せの間に新しいご家族が増えたり(^_^)
幸せで楽しいお家づくりでした。
お施主様には心よりお礼申し上げます。


 


 


 
あと残すは外構工事、完成までもう少し
毎日暑いですが頑張って参ります!

m,nami

Date:2018年7月14日 | Category:

先日、上棟の日を迎えました小金井市のT邸 (^_^)
上棟当日はお施主様ご家族お揃いで、
職人達に差し入れを持って現場にお越しくださいました。


 


 
働く車大好きな3歳の息子くん、
休憩時間にはクレーン車に乗せてもらいニッコニコです(^_^)


 


 


 
ちなみにこちらのお家、
コンクリート基礎の底面と立ち上がり面を断熱材でぐるっと覆っておりますので
外壁はもとより基礎からも暑さ・寒さが伝わりにくい構造となっております。
お家の性能にも抜かりはございません(^_^)


 


 


 
毎日暑い日が続きますが、職人一同気合いを入れて頑張って参りますm(__)m
これからの工事の進捗をどうぞお楽しみに(^_^)

m,nami

Date:2018年6月30日 | Category:

6月に上棟を迎えた杉並区のS邸、
見どころ満載の3階建てのお家です。
工事も順調に進んでおります(^_^)


 


 
階段はスチール階段、設計士さんの提案です。
詳細な収まりは、弊社の現場監督が図面を書き
現場で鉄工屋さんと打合せをしました。
これからお施主様にお好きな色を選んでいただき、
最後に塗装をします。


 


 
こちらは3階の子ども部屋、
切妻天井と屋根窓(ドーマー)がとてもチャーミングで
隠れ家のような雰囲気に大人もウキウキします(^_^)

天井高を上げるために、社長の考案で断熱材は性能値の高い
ネオマフォームを採用しました。


 


 
これから、一番のメインイベント、
ヘリンボーンのフロア張りがはじまります!

注文住宅ってなんてドラマチックなのでしょう!!
次回もどうぞお楽しみに(^_^)

m,nami

Date:2018年5月12日 | Category:

稲城市で工事をしているK様邸がもうすぐ完成します。

母屋の横の敷地で、ピザの店舗を併用したお家です。


 

店舗の厨房、トイレのタイルはお施主様のこだわりです。




 

店舗の入り口には木製ドアを使用し、

最終的にはオーニングが取り付けられます。


 

住宅部分のLDKです。



 


s.taka

Date:2018年5月2日 | Category:

こちらは4月上旬に「上棟」を迎えた調布の現場、
「上棟」とは、お家の主要な構造を組み立てること。
柱、梁、一番高い棟上げまで一日で一気に行う
とても見どころのある花形工事です(^_^)


 


 



 


 

先日はお施主様に現場にお越しいただき打合せをお願い致しました。
大工の棟梁、電気設備屋さん、水道設備屋さんをお施主様にご紹介(^_^)
職人もお施主様のお人柄に触れることでより一層工事に気合が入ります。



 


 

1階リビングの高窓から明るい陽射しが入ることが確認できて
お施主様もご安心くださいました。
完成がますます楽しみなT邸 in調布市 でした~m(__)m

m,nami

1 2 3 4 15

カテゴリー

アーカイブス

このページのトップへ